WordCamp vancouver 2012へ行ってきた、まとめ

by codechord. 0 Comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VancouverのBCITで開催されたWordCamp Vancouver 2012に行ってきました。WordCamp東京でもWordCamp大阪でもありませんのであしからず。非力の英語力ながらもレポを残します。

WordCamp Vancouver 2012
http://2012.vancouver.wordcamp.org/

案の定、英語が難しい。
ボイレコ持参し、自宅で聞き直してみても、やっぱり難しい。現地にいるときより難しい。勉強不足だね。

というわけで、まとめます。ボイレコの内容しっかり把握できたら書き直します。
2部屋で行われ、全体の参加者は300人前後ぐらいかなと。

SESSION 1 :
Tips to Grow Your Professional WordPress Business

Make a Money

  • マーケットのターゲットをしぼる
  • 自分のニッチな分野、得意分野を生かそう
    ブログ・Eコマース・Podcast。なんでもいいよ。
    自分の得意分野をビジネスにすればいいんだ。
    自分が多くの時間を費やしたものに。
    価格は内容次第だよね。
  • 無駄を取り除く

Community

ミートアップに積極的に参加しようね。なんでかって?

  • 人とのつながりができるよね。
    人から学べるもの、得るものもがある。
    サポートしてくれる人が見つかるかもしれない。
  • ブランディングになるよね。
    自分でミートアップを主催するようにしようね。
    評判がつくよね。可能性も膨らむよね。
    少しずつ規模が大きくなるよね。

Stability

あんまり理解できなかった。

  • Create Methods
    同じ事の繰り返し?コピペコピペコピペコピペは時間のむだだよね。システム化しちゃえばいいじゃない。的な。
  • Fire Someone Today
  • Be Excellent

SESSION 2 :
Your project is only as good as your documentation

PHPソースの話。コメント、ドキュメントはすごく大事。
他人が修正するときドキュメントがないとすごく大変。
自分だけが使う物だとしても、数年経てば忘れる。
その都度コードを読み直す?Dont Waste your time.

function名とコメント説明がほとんど同じなんてナンセンス。しっかりと人間読んで理解できるドキュメントを書きましょう。

形式はPHPDoc形式を使おう。

なんでかというと、IDEですん〜〜〜ごく便利だから?
IDE使ってない?エディタ何使ってるの?[Sublime text](笑)いやいや、IDEつかおうよ、IDEを。
IDEは何でも良いけど、PHPDocのプラグインがあるやつね。
私はnetbeanだよ、Netbean。sublime textにプラグインあればそれでもいいよ。とのこと。
(wordcamp参加者のエディタNetbean率が高かった。codaとsublime textと。)
http://www.phpdoc.org/docs/latest/index.html

よく使う形式

@access、@link(関連URL)、@see(関連ファイル、URL)、@uses(参照function)などなど

SESSION 3 :
Build a Membership website with WordPress

  • プラグイン「s2member」を使うと会員サイトが簡単につくれるよ。
  • [s2memberの導入レクチャー]
    ・インスト後の環境設定から、Security keyを忘れないようにね。
    ・サインアップページを作ろう。
  • 会員種別は5種類作成できる。そのうち一つは、フリー会員用だから、実質4つ。
  • 会員のみ閲覧ページはもちろん、会員のみの動画、画像、コンテンツ表示とか、指定した箇所のみ、ショートコードを利用して、if文みたいに会員限定箇所を指定できる。
  • IPアドレス制限数を指定できるよ。
    なんでIPアドレス制限するかというと、会員パスを複数人で流用されることもあるよね。
    だから会員で支払った人しか閲覧できないようにしたい。
    自宅、職場、などなど、接続元のIP数もある程度制限しよう。
  • ファイルDL型でも、会員限定にできるよ。
  • 支払いはPaypal対応。
    PaypalのAPIを利用するのでPaypalビジネスアカウントでしか利用できないので注意。
    期間を指定。期間が過ぎた後、自動的にフリーアカウントにするかどうかも設定可能。

SESSION 4 :
Mistakes I made using jQuery, and how to avoid them

jQuery好きだよね、みんな。

まずはじめに

  • コアのjQueryを使う!!コンフリクトが生じる
    wp_enqueue_script(“jquery”);
  • いきなり$()で初めない。
    jQuery(document).ready(function($){…….});
    または、
    (function($){…..}(jQuery));
  • あなたのイベントにネームスペースを追加しよう。
    例:$(…..).find(…).hide().off(‘click.myplugin’).on(‘click.myplugin’);

セレクタ

  • メモリにキャッシュさせよう。
    $(“#hoge”).~~~~();
    $(“#hoge”).~~~~();
    $(“#hoge”).~~~~();
    とやるなら
    var hoge = $(“#hoge”);
    hoge.~~~~~();
    hoge.~~~~~();
    としよう。
  • さらにチェーンさせたほうがよい。
    hoge.~~~~~().~~~~~().~~~~();
  • チェーンで高速化。end()を有効活用。
  • セレクタ高速可
    $(“.widget”).on(“click”,showMenu);
    より
    $(“.widget”,”#sidebar”).on(“click”,showMenu);
    の方ががはやい。
    $(“#sidebar”).find(“.widget”).on(“click”,showMenu);
    の方がもっといい。

イベント

  • bind/delegate/on の説明
    テーブルなんかが、すんごくでかい時は、
    $(“table”).find(‘td’).on(“click”,function(){………});
    より
    $(“table”).on(“click”,”td”,function(){………});
    の方が良い
  • custom event、trigger の説明

Ajax

jqueryの$defferred を使おう!
http://api.jquery.com/category/deferred-object/

スライドが公開されてます。コードがあります。
http://www.slideshare.net/apeatling/tips-for-writing-better-javascript-using-jquery

SESSION 5 :
Caching in WordPress: Invalidation Schemes

一番興味があったところだけど、英語も何もかも難しかった。

高速化にはキャッシュは必要不可欠だよね。APCとか、mamecacheとか、いろいろあるけど、wordpress側での話をするよ。

オブジェクトをキャッシュ

wordpressについてるwp_cacheを使ってwordpressのオブジェクトのキャッシュをすることができる。
たとえ小さなプラグインだとしても、キャッシュを考えた方が良いよね。
http://codex.wordpress.org/Class_Reference/WP_Object_Cache

どのタイミングで、作るか。再作成するか。
(具体的に説明してたけど、うまく理解できなかった。UNIXタイムスタンプを利用したら、重複しないよね的な事だと思うけど。)

詳細は登壇者のブログで丁寧に解説されています。
http://tollmanz.com/invalidation-schemes/

SESSION 6 :
BuddyPress: Beyond Facebook clones

BuddyPressはSNSサイトを簡単に作れるwordpressプラグイン

BuddyPressでなにができるか

  • 教育機関のサークル/ネットワークのSNS
  • 企業イントラネットでの情報共有向けのSNS
  • すごくニッチな趣味向けSNS
  • 製品に関するユーザーのSNS

プラグインが充実してる。したい事が比較的簡単に実装できるよ。
ゲームだとか、バッジだとか。課金したりだとか。

BuddyPressは重い。問題です。がんばります。

ショーケースで実際のサイトの紹介
http://buddypress.org/showcase/

SESSION 7 :
Interacting with External APIs

外部APIを利用する場合はwordperssのものを利用しようね。
HTTP_APIを利用して、外部APIと連携させるライブコーディング。拍手喝采。
ついでに、wordpress CODEXのAPIドキュメントもリアルタイムで修正してた。拍手喝采。

[HTTP_API]
http://codex.wordpress.org/HTTP_API

スライドやソース、解説は提供されています。
http://2012.vancouver.wordcamp.org/session/interacting-with-external-apis/

以上。英語って難しいよね、ほんと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です