SCM

WordCamp Kansai 2014に参加した話 #wckansai

by codechord. 1 Comment

2014wordcampkansai

グランフロントで実施されたWordCamp Kansai 2014ですけど、記憶に残ってるうちに忘れないようにメモポスト。
日本語いいね。隅々まで理解できるや。前回きつかったから。。。
というわけで、見たセッション順にレポート。

基調講演

WordPressのco-founderのMattの公演。
元々ミュージシャン志望で、出身高校は音楽系の学校、ビヨンセを送り出した学校でもあり、そこではサックスばっかりしていた。1時間あたり$50のレッスン料が高いので、友人のミュージシャンのwebサイトや自作マシンを作る代わりに、レッスンをしてもらったって話。
過去から、現在、近い将来のはなしへと。

Gigazineが早速記事にしてたので、詳しくはそちらをみたほうがよさそう。
http://gigazine.net/news/20140607-wordpress-matt-mullenweg-speech/

世界中にスタッフがいて、リモートワークで成り立ってる企業だけど、来年150人雇用するとのこと。
日本は大好きだけど、日本のことが一生理解できる気がしない(トイレとか特に)から、現地スタッフはどうしても居るよねって。
リモートで成り立ってるところ、どうやって信用できる人間をえらべてるのか、最近個人的にすごい気になってて、人事まわり結構興味があったんだけど、いっぱい並んでて聞けなかった。

続きを読む »

Git / Subversion用語コマンド比較

by codechord. 0 Comments

Github使い出したのはいいけど、Git自体の用語があんまりわかってなかったので、調べてみた。
せっかくなので、書き記します。

GitとSubversionの違いは

そもそもリポジトリとは、更新履歴が保存できる特殊な仕組みのディレクトリのようなもの。
SVNは単一、Gitは分散。(分散型はGitの他にMercurialやSVKでも使われている)

  1. Subversionの場合はリポジトリは1つ。各々が1つのリポジトリに対して更新。ローカルには特定バージョンが、ワーキングコピーとしてファイルが保存される。
  2. Gitの場合はリポジトリが分散。各自が持てる。(作業ディレクトリそのものが、ローカルリポジトリになる。)
  3. Gitの場合は、分散型なのでメインとなるマスタリポジトリが消滅しても安心。
  4. SVNだと、各フォルダに隠しフォルダ「.svn」が作成されてしまう。うっとおしい。
    Gitの場合は、親フォルダにのみ隠しフォルダ「.git」が作成される。
  5. SVNでできていた連番のリビジョン番号での管理がGitではできなくなる
  6. Gitはコミットはローカルリポジトリに対してだからスピーディ。
続きを読む »

README.mdファイル。マークダウン記法まとめ

by codechord. 6 Comments

つい先日から、ようやくgithubを使い始めました。
gitのことはあまり勉強してないので右も左もわからず、とりあえず、公開されてるレポジトリのクローンを作りまくってニヤニヤ閲覧しています。

で、そろそろ自分もリポジトリを作りたいなと思って、作り方を調べてたんですが、
README.md」ファイルというものの存在を知りました。

拡張子「.md」?何の事かさっぱりわからず、ドットモジュールって勝手に思ってたんですけど、全然違いました。「マークダウン」の略でした///

続きを読む »

subversionの基本的な覚え書き。その1

by codechord. 0 Comments

バージョン管理を始めていろいろつまずく。なぜつまずくかって理由は、初めて聞く単語だらけだから。

subversionにおける基本的な用語

というわけで、調べてみたよ。

  • リポジトリ:直訳だと倉庫。この中に過去のバージョンであるとか、リリース履歴であるとか、開発環境だとか、そういうのを全部いれる倉庫。
  • リビジョン:修正が反映されるたびに追加されるバージョンのこと。
  • import:プロジェクトの初期ファイルをリポジトリに挿入する事
  • Checkout:リポジトリのファイルをローカルにダウンロードすること。
  • add:ローカル作業環境で新たに作成したファイルをリポジトリに追加すること。
  • commit:ローカルで修正を行ったファイルをリポジトリに反映させること。
  • update:リポジトリの最新状態から、ローカルファイルとの差分をダウンロードすること。

続きを読む »

mac10.6にsubversionを入れる。

by codechord. 0 Comments

前回、macで使えるSVNクライアントのソフトを探しました。今回はローカルへの作業環境作り。
subversionをmacに入れることにする。というか、元々入っているみたいだけど、最新版にバージョンアップさせる。
で、入れる方法をいろいろ調べてみると、この2種類ぽい。

  1. subversionの公式サイトからパッケージをダウンロードしてインストール。
  2. MacPortsを経由でsubversionsをインストール。

で、選んだのは後者の方。

続きを読む »

macのSVNクライアント

by codechord. 0 Comments

ソースコードのバージョン管理を行う為にmacで使えるSVNクライアントのソフトを探してみる。

環境はwindow、Linuxは考えてなくって、
とりあえず、macのローカル環境で使えるもの。

smartSVNはフリーソフト、Versionsはシェアウェアみたい。両方英語でした。

今回はsmartSVNを使って、こちらの記事を参考にさせてもらって、ActionScriptのライブラリ集をチェックアウトしてみた。

versionsだとこんな感じ。

そもそもサブバージョンの仕組みをなんとなくにしか理解していなくって、使うのははじめてで使用感がわからない。versionsの方が使いやすそうな気がする。